カテゴリー「言葉」の記事

にほふ

ふと、「におう」という言葉を引いてみた。

にお・う【匂う・臭う】ニホフ
[一]《自五》(ニは丹で赤色、ホは穂・秀の意で外に現れること、すなわち赤などの色にくっきり色づくのが原義。転じて、ものの香りがほのぼのと立つ意。)〔『広辞苑 第四版』CD-ROM(カラー)版〕

「丹穂ふ・丹秀ふ」なのかぁ。
うーん、風流だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトテリアって?

Mac Fan』(No.283 2006.11)という雑誌をめくっていたら、こんな一文が。

 Power Mac G5も優れたマシンだったが、Macプロはさらに速く、アウトテリアとインテリアを総合して使いやすく、よりパワフルなマシンにチューンナップできる可能性を秘めているマシンである。
(P.59左下)

「マシン」という言葉が3回も出て来るとか、読めば読むほど意味が分からなくなるとかいうことはともかく、「アウトテリア」って何でしょうか。
インテリア(interior)の対義語はエクステリア(exterior)じゃないの?と、ウェブで検索してみると「アウトテリア」も「outterior」も結構使われているようです。

でも、「outterior」の検索結果には、英語以外に日本語・朝鮮語・中国語のページが多く入ってます。
新語なのかもしれないけど、どうも和製英語というか、東アジア製英語な雰囲気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でうでう

小川未明の童話以外の作品を読んでみようと思い、『定本 小川未明小説全集』の第一巻(1979年刊)を図書館で借りました。
旧仮名遣・旧字体ですが、ほぼ総ルビで文体も難しくないので、読むのに苦労はしません。

嫋嫋が、振り仮名が振ってあるのに読み方が分からない単語がありました。
「嫋嫋(でうでう)」という語です。(p.112「懷」)
「じょうじょう」なら「じやうじやう」となりそうだし、「でょうでょう」なんて発音なんて無いし。

それで「どうどう」かと思って、辞書を引いてみたらやはり「じょうじょう」でした。
その辞書(『広辞苑 第四版』CD-ROM版)で見る限り、同じ「じょうじょう」という発音に対して、旧仮名では七通りもの表記があります。

昔の人は普通に書き分けられたんでしょうか。

  • ぜうぜう
    • 擾擾
  • でうでう
    • 条条
    • 嫋嫋
  • でふでふ
    • 畳畳
  • じやうじやう
    • 上上
    • 常状
    • 常常
    • 常情
    • 情状
    • 穣穣
  • じやうじよう
    • 上乗
  • じやうぢやう
    • 上場
  • じようじよう
    • 烝烝

| | コメント (0) | トラックバック (0)